いい – 図書館で声も出せず糸引くほど愛液が溢れ出す敏感娘

図書館で声も出せず糸引くほど愛液が溢れ出す敏感娘

静かな空気が張りつめた図書館。

恥ずかしがり屋ならば、そこで大きな声を出すことは相当勇気がいる。

そこで、おとなしそうな女の子をターゲットにし、強引に誘い人目のつきにくい場所へ。

声を出せない状況での緊張や我慢が、興奮度を増してアソコはうずきまくり、糸を引くほど溢れる愛液。

さらには快感に負けて、自ら求めてくる女の子まで…。

「図書館で声も出せず糸引くほど愛液が溢れ出す敏感娘」の本編動画はこちらから

痴●

図書館で痴●するという内容。

手マンの時の音が凄いので、よっぽど感じやすい子かローションを足しているんだと思います。

実際の図書館ではなくセットでの撮影みたいなので、緊張感はありませんが女優が声を出来るだけ我慢しているのでそういったのが好きな人はお薦め。

収録人数は5人。

過激さはないですがそれなりに楽しめる作品。

う~む

タイトルに期待しすぎた。

本番は、結局誰もいない空間で行われるし(もちろん手マン等も疑似的に作られた図書館であるが)リアル感があまりにも伝わらず結局、普通の企画に落ちついている感じがする。

愛液好きには物足りません

愛液好きには、愛液シーンが短くしかも擬似愛液っぽい感が拭えないのでお勧め出来ません。

10年前のだから画質はアレですが…

メガネのJKが手マンされてる時のコンコンと音を立てて弄られてる姿がイヤらしかった!

期待以下

前の方の言う通り、臨場感に欠ける。

「図書館で」っていうより「本棚のセットで」のほうが当てはまる。

確かに「図書館感」はあまりないかも知れない

モデルは、美花ぬりぇ・広瀬ゆな・芹沢もえ等初期作ということもあり、最近の作品と比べるとまだまだ感が強い「図書館感」は今ほどなく、まさに本棚セットという表現が当てはまるおそらく撮影を選んだ場所が悪く、いかにもという図書館ではなかったからだと推察何より痙攣や潮吹きがほとんど見られず、ちょっと露出を頑張ってみました程度で留まってる

美花ぬりぇ/広瀬ゆな/3人目/4人目/芹沢もえ。

パンティ没収がいい!

なんといってもいいのは「パンティ没収シーン」があること。

女優さんたちが本当に嫌そうに演じているのでいい。

痴●してベトベトになったパンティを没収できたらそれは男の夢。

次回「パンティ没収」で再編集希望。

とくに1番目の娘の表情はよかった。

次回に期待

全体的なストーリーや出演していた女優さん微妙・・・しかしこのシリーズはまだ出たばかり。

次回に期待します☆

いい

こういうシュチュエーションっていいですね。

特に広瀬ゆながいいです。

「図書館で声も出せず糸引くほど愛液が溢れ出す敏感娘」の本編動画はこちらから