【美谷朱里】社会問題にスポットを当てた作品です – 会えないセフレとリモート調教で相互オナニーを続けた30日間とその後、欲望をぶつけ合い中出しセックスした。 美谷朱里

会えないセフレとリモート調教で相互オナニーを続けた30日間とその後、欲望をぶつけ合い中出しセックスした。 美谷朱里

僕と朱里は、彼氏彼女ともセフレともつかない、あいまいな関係だった。

バイト仲間でお互いに強い恋愛感情はなく、お互いに気が向いたら淡白なセックスするくらいの関係。

外出自粛期間中、ネット電話で話していたが、セフレの関係でありながら「会えない」事により、二人の感情に変化が起こる。

会いたがる朱里に恋愛感情を見出した男はS心と変態性に火が付き、朱里にオナニーを禁止させ、【リモート調教】を行っていく…。

「会えないセフレとリモート調教で相互オナニーを続けた30日間とその後、欲望をぶつけ合い中出しセックスした。 美谷朱里」の本編動画はこちらから

女優名: 美谷朱里

30日後、外出自粛期間を経て会えた二人の至極の名シーン!!!

コロナ渦を象徴する様なドラマ。

人を撮りたい、感情を撮りたいという朝霧監督の意思が強く感じられる秀逸な作品です。

商品コメントにあるように自粛期間中、セフレ関係にある二人は会えないことにより徐々に感情に変化が現れます。

はじめにS心が芽生え、あかりをリモート調教していきます。

徐々に従順していくあかりが可愛いすぎます。

そして二人の演技は極めてナチュラルで、さらにリモート調教という設定が興奮を助長します。

30日後、自粛期間を経て会えた二人のシーン。

どこかぎこちない二人の距離感。

絶妙なタイミングで手を差し出すはじめ。

その手にそっと小指を絡めるあかり。

すべてのカットがキュンキュンします。

特にマスクをつけた美谷さんの目だけの表現にキュン死です。

さらに追い討ちをかけるようにマスクチチュウ。

可愛いの暴力です。

もうボッコボコにやられます。

そして最初のSEXシーン。

二人の表情、言葉から禁欲の末に結ばれた多幸感を強く感じられます。

またそれを捕らえたカメラワークで作品の世界へさらに引き込まれます。

痺れるような興奮と涙腺が緩む感覚に襲われます。

問題はネット配信でのSEXシーン。

撮影スタッフのものと思われる髪の毛や足が、二人しかいないはずの部屋に映り込みます。

数日考えました。

丁寧に作品を作り込む監督だけにあり得ない。

意図的に入れたのではないかと。

これが意図的な編集であるのだとすれば、綺麗な物を汚したいというぶっかけ作品の様な演出なのではと。

視聴者をいい意味で裏切ってくる朝霧監督の感性に驚愕です。

今後も朝霧浄監督、美谷朱里さん、堀内ハジメさん、朝霧チームスタッフさん、本中さんに期待大です!!!美谷さん自身、今までで一番の手応えを感じたとおっしゃられてたとおり、自分の中では今のところ一番好きな作品になりました。

この作品をどんどん超えていって欲しいと願います。

会えない時間が愛育てるのさ

今のご時世を反映した内容だけど、作りこみが割と丁寧。

快楽優先でもろもろ我慢できない連中が多い中で、ドライな関係のただのセフレ女が同居してる祖母のことまで気づかって、しばらく会うのを止めるなんていい男じゃないですか。

説明文だと女の方が惚れて男が利用してるみたいな感じだけど、男の方も恋愛関係を受け入れててやり棄て性奴●化みたいな感じではないので、ラブコメとしても出来がいい。

久しぶりに会ったセフレ同士が手をつなぐだけで嬉しい初々しさとかいい演出だと思う。

中出しはセフレのことが本気で好きになっちゃった女の方から求めてる感じなので、そこは調教とは関係ない感じだけど、ノーパンデートとかリモート公開セックスとか、ありそうなライトな調教のさじ加減がリアルでいい感じ。

いいなりになりながらも好きな男と結ばれる多幸感を女優が演じ切ってるのもポイント高め。

単なる彼女調教でもセフレやり棄てでも面白くなかったと思うし、この脚本はかなり優秀。

そのまま使いまわすと飽きるので、シリーズ化するなら演出は少しずつアレンジしてほしい。

フィクションということを忘れてしまう

何をエロいと感じるかは人それぞれだけど、自分としては、何かしらの守りが解かれる瞬間はエロい気がしている。

美谷さんの演じる「あかり」は、リモートのやり取りをする中で、あるとき守りを解いて服を脱いでくれる。

ブラをしていない。

あえてなのだろう。

上着を脱いで、ブラを外してという予期された手順より、ゆったりした大きめのシャツをまくったらノーブラジャーだったほうが「あっ」と思うしエロい。

テンポもいい。

その場面ではリモートセックスが目的になっているけど、これまでのやり取りもふくめて、慣性や空気抵抗を度外視してそこに向かっていくような不自然さがない。

二人の態度は自然で、終わったあとにシャツを胸に引き寄せて恥ずかしそうに笑っているところとかを見ていると、これがフィクションということを忘れてしまう。

その次のリモートのやり取りでは、お酒は入ってないし、大きな窓から日中の光が差し込んでいるし、エロいことをするには空気的に抵抗がある。

しかしレースのカーテン越しの白っぽい自然光を背景に男がパンツを脱いで勃起させ、その空気にしてしまおうとする。

「あかり」は理性の働いてる言葉を口にしながらも、言われた通りのことをやってくれる。

とても恥ずかしそうだし、本当に恥ずかしそうだ。

それからも何度かリモートのやり取りがあったあと、30日ぶりに会うことになる。

そこで二人がするのはAVっぽいセックスではないかもしれない。

いろんな体位のバリエーションを見せたり、吹き出した潮が男の指先からしたたったりとかしない。

美谷さんの演じる「あかり」は、自分の中の一番特別な場所の守りを解いて相手を受け入れているように見える。

それを見ているとこっちの内側の奥のほうがじんわりしてくるような、何か熱いような感じがしてくる。

その後のパートではセックスを生配信するから、二人だけのときにはなかった緊張感のある中で守りを解くことになる。

「ハジメ」の言動により凌●的な慣性も加わってくる。

しかしカメラ越しの外部の視線が何を思ったとしても、入り込むことのできないような関係性が二人から感じられてきて、それを見ていると内側のほうがじんわりとなってくるし、非常に抜けたといってよい。

リモートで相互オナニー

やはり,今の世相を反映したAVが制作されました。

外出自粛中にセフレから,オナニー禁止調教。

エロ女,朱里が,オナニーも出来ないなんて・・・,気が狂ってしまうかも。

なので,リモートで相互オナニー。

他にヤル事がない二人は,画面越しにオナニーして,相手の淫菅を見て性感を高め合う。

そして,外出自粛が解除されると,気がすむまで生SEX。

実際,性欲旺盛な美谷朱里は,思うようにAV撮影が出来なかい昨今,どうしているのか?やはり,オナニー三昧なのかな?「有名AV女優で感染者が出た」という話は聞かないので・・・,みなさん,結構,注意しているのね。

禁欲の果てに

全体的には今の世の中を反映した作品でした。

男と女が自粛中、リモートでエッチな調教をして、30日目に再会した時激しく愛し合うといった、自分好みの内容でした。

30日目のマスク越しからのキスから始まるシーンは、AV史に残る名場面ではないでしょうか、

社会問題にスポットを当てた作品です

コロナ禍の時代を象徴するような作品。

リモートをこうしたものにも利用できるのだと。

AVと言うよりも、時代を映し出したもののように感じました。

「会えないセフレとリモート調教で相互オナニーを続けた30日間とその後、欲望をぶつけ合い中出しセックスした。 美谷朱里」の本編動画はこちらから