【篠田あゆみ】演出が細かい – 人妻秘書痴●電車〜肉体を支配する秘めた願望に堕ちて〜 篠田あゆみ

人妻秘書痴●電車〜肉体を支配する秘めた願望に堕ちて〜 篠田あゆみ

ひょんな事から以前の勤め先に短期復職する事となった人妻・あゆみ。

久しぶりの電車通勤に少々気が重くなりながら乗り込むと…。

悪い予感は的中してしまい、痴●に散々身体を弄ばれイカされてしまう。

望まぬ恥辱にショックを受けながらも気丈に振る舞うが、身体の奥底に潜む願望を暴かれてあゆみは悶々と眠れぬ日々を過ごす。

そして、快感に抗えなくなった肉体は痴●に犯●れる期待を密かに持ちながら、再び電車に乗り込んで…。

「人妻秘書痴●電車〜肉体を支配する秘めた願望に堕ちて〜 篠田あゆみ」の本編動画はこちらから

女優名: 篠田あゆみ

更に現実度アップ

過去の作品より更に現実度が上がりました。

ただし問題点(改善点)もいくつかあります。

まず男性がズボンを降ろしてしまうのはNO、GOODです。

そこはチャックから出すのがGOODです。

細かい話ですがストッキングのなかで下着を引っ張りTバックみたいにするのはNO GOODだと思います。

もっと優しく優しく下着の中に手を忍ばせます。

(ましてやストッキングや下着を降ろさない)AV的には無理かもしれませんが、また今回も女性の痴●をされたいとの気持の表れにストッキングを履かないというのはGOODです。

他にもいつも思うのですがお尻を掴むのも無しでは無いですが、一番重要なのは股間に薬を塗るとかでは無く、股間を手(人差し指の側面)で押すようにしながら女性の様子を見ながら拒絶を最初から受けないようにしながら触るのが本物です。

その後に下着のみなら上からでは無く下から手を忍ばせます。

ストッキング有りなら上から忍ばせます。

正面でしたら上から忍ばせます。

(あくまで想像です)やはりAV的には画像(アングル)等が難しいと思いますが、残念ながらもう少し本物を勉強したほうが良いかと思います。

夢物語。赦されるならこんな人妻に出逢ってみたいですね

あゆみさんのプリっと張りのある尻、括れのある腰、たわわに実った胸、赦されるなら触りたい、そうして逝かせたい、そんな妄想願望を叶えてくれる作品です。

 学生時代に電車で痴●に遭ってイカされてしまった経験を持つ人妻が、数年後人妻となって、再び同じ痴●にイカされ、次第にその虜になっていく。

 これまでのシリーズとシチュエーションを変えてマンネリ感を払拭しています。

 痴●役の男優およよ中野さん、良い感じを出しています。

マドンナでは馴染みのある男優さんですが、初めて名前を知りました。

 痴●されプルプル揺れる尻肉に欲情をそそられます。

 あゆみさんの困りながらも感じている表情もたまらなく可愛いです。

小刻みに腰をひくつかせて感じている姿、声を出さないように片手手の甲で口許を覆うしぐさ、両手の平で口を塞ぐけど、くぐもった声が漏れてしまうようす、恥じらいつつも快感に身を委ねてしまうときの表情、肉棒を差し出されて吸い付くようにしゃぶってしまうときのスケベな口、挿入されて、何度も何度もビクンビクンとイカされてしまう身体、あゆみさんの全部が素敵です。

 正に夢物語ですね。

良い

最初のカラミはトイレの個室で立ちバックして顔射。

2回目は社長室で、立ちバック、片足立ちバックなどして舌上発射。

揺れる美巨乳が良い。

篠田あゆみがエロいから良作

学生時代に被害に遭った痴●に十年以上経って再び遭遇してしまったあゆみ。

成熟したカラダは意思に反して感じてしまい、その後も痴●を求めて電車に乗り続けるあゆみであった。

篠田あゆみ当時30歳、20代の頃から巨乳だったが、見る度に大きくなっている印象。

痴●モノといってもあゆみは感じて受け入れているし、単なるプレイという感じがする。

通常なら「3」の評価にするところ、篠田あゆみがエロいので「4」のレベルに弾き上がった。

演出が細かい

序盤から細かい演出や設定がなかなかツボ。

学生時代に犯●れた痴●との運命的な再会。

女が気づく間もなく股間に媚薬を塗り込む早業を見せる痴●のプロ感を強調する小ネタも楽しい。

学生時代の悪夢と言いながら、回想される痴●シーンでは明らかに女が感じちゃってる感じも、隠れ性癖を描写する演出としてはなかなかいい。

途中で会社の社長のスケジュールを知らされるシーンがあるので、社長が留守の間に男を連れ込み、職場で全裸セックスする流れにもご都合主義的な無理がない。

満点には突き抜けた何かが足りないが、人妻の淫らな性癖が感じられる質の高い作品だと思う。

「人妻秘書痴●電車〜肉体を支配する秘めた願望に堕ちて〜 篠田あゆみ」の本編動画はこちらから