【神咲詩織】女優の演技も再現率も大変良い – ヴァージンコントロール 高嶺の花を摘むように 神咲詩織

ヴァージンコントロール 高嶺の花を摘むように 神咲詩織

デジコミ界の帝王・クリムゾン×AV界の女神・神咲詩織が待望のコラボで催●調教のエクスタシー傑作を実写化!栄雲学園に君臨する才色兼備の生徒会長・鈴峰彩花。

そんな「完璧」な彼女を、学園の男子たちは「女神」と呼び、崇拝していた。

だが、そんな神聖にして●すべからざる彼女の身に、悪魔の影が!催●、羞恥、調教、処女喪失。

「超能力」によって女神の体を操り、快楽の淵に引きずり込む!!

【同人】原作『ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~』はこちら!

「ヴァージンコントロール 高嶺の花を摘むように 神咲詩織」の本編動画はこちらから

女優名: 神咲詩織

漫画原作に沿っていて

がんばっていたと思う色々な攻めも有り良かったが電車での置換シーンで3Pが有っても良かった気がしてちょっと残念

物語を楽しむなら

回想シーンや心の声などドラマ仕立てゆえの演出が手っ取り早く抜くだけだとちょっと邪魔かと思う痴●レ●プはお行儀よく外出しってのがちょっと冷める点ではある基本的に悪いところもほぼなく良作だと思う

いや~!びっくりしました

クリムゾン作品のコラボの中では、一番原作を忠実に再現しており、びっくりしました。

原作のアニメの良さを実写にして忠実に再現する事でエロさMAXです。

見えない手に体をまさぐられるシーンは合成撮影の手ですが心の声が入っている事により、妄想興奮出来て良かった。

レズシーンが原作より具体的に長めに描いてあったのも見応えありました。

学園の女神役の神咲詩織が原作と少しイメージが違ったのが少し残念でしたが、全般を通して中々です。

おっぱいを何度も責められており、原作は知らなくても楽しめました

長くなるので3パートのみレビュー。

3.第二話親友に弄ばれる女神。

レズプレイ。

耳舐め。

これでもかと、おっぱいもみしだきまくり最高やらしい!勝手に自ら股を開き、おまんこいじられ放題がH!仲間加わり、よってたかって女子みんなで、おっぱいもみ、乳首つまみ、弄ばれる様子が最高H!おまんこ開かれ、丸見えまんこを写メ盗撮。

4.第三話電車内で取り囲まれた女神。

これはすごい(笑)よってたかって、おっぱいもまれ、おまんこもいじられ、しゃぶらせられ…イラマ。

顔射や、お掃除ぶりも見応え充分。

7.第六話高嶺の花を摘むように。

パンティ越しにマン筋擦りまくり、おっぱいもみしだくオナニー最高やらしい!相手からパンティ越しにマン筋擦りまくり。

「手が止まらない…」オナニーし続け、後ろから、乳首つまみまくり◎。

パンティに手入れ、オナニーしながら、乳首いじられ、おっぱいもまれ、最高やらしい!乳首舐め・吸い。

パンティ越しにマン筋弾き、左右にマン開き。

おまんこ丸見え最高やらしい!クンニ。

フェラ。

バック。

「もっと犯してください」セリフ◎。

卓上で正面でハメ、バックで中出し。

総じて、フェラする時に「口が勝手に…」とか、心の声がいやらしくも可愛いです(笑)プレイも◎。

レズプレイのおいても、男が相手のときも、おっぱいを何度も責められており、原作は知らなくても楽しめました。

☆5つ!

実写化するとこんなにエロい、コラボの傑作

クリムゾン原作を忠実に再現しており、その上、監督独自のカット割りやアングルも上手くて傑作になっていた。

普段はあどけない可愛い顔なのに喘ぐとエロいアヘ顔になる女優の神咲詩織がまじめな女が快楽に溺れていく役に凄くマッチしていて、心の中の声の演技も絶妙。

特にオナニーシーンが良く、心の中の声が普通のオナニーシーンでは出せないエロさ、原作漫画以上のエロさになっていてこれぞ実写コラボの効果、アソコだけでなく乳首も必死にいじり倒す神咲が快楽漬けになった女を好演していた。

ただ大勢の見えない手に体をまさぐられるシーンは合成撮影の手なので乳を揉まれても乳が動かないし、指もアソコに入っていかないので気持ち良さそうに見えなかった。

次回作があるなら原作と同じ様に素っ裸で幻想的な照明で実際の大勢の手でまさぐってください。

またのクリムゾンコラボ作品を大いに期待します!

詩織ちゃんの演技

演技がホント、エロくてめちゃくちゃ興奮しました。

トイレでのオナニーシーンは必見です!

ムータンファンなら観てほしい!

転校生役のムータン。

抑揚のないセリフ回しが得体の知れなさを印象付けています。

イチャラブが似合うムータンなので、この作品は異質ですが是非観てほしいです。

原作よりもきっと激しい

原作通りの内容です。

ただ原作にはないプレイもあるので原作よりも激しい内容になっています。

特に、神咲詩織の演技は抜群です。

最後の方はちょっとわざとらしいところもありますが、喘ぎ声も相当激しいので、からみが相当なものなことには間違いありません。

原作に忠実なので仕方ないところはありますが、男の声がたまに邪魔なところもありますが、全体を通してよく出来です。

女優が良いだけに、カラミは最高です。

でも前々から思っていましたが、神咲詩織はもうちょっと肌を綺麗にするためにケアしてほしいですね。

ダイナマイトボディ健在

原作は知りませんが、多くの手に弄ばれるムチムチの大きなオッパイ、ぽっちゃりお尻が弾けてます。

詩織ちゃんが、熱演ですね。

女子高生役もピッタリで、カワイイです。

特に、表情がいい。

カメラアングルもよかったです。

レズ好きの視点から

神咲詩織のおっぱいは文句無し。

柔らかそうで、白く、綺麗で大きい。

形も文句無し。

レズの絡みをもっと見たかった。

スマホなんか撮らなくていいから、もっとレズ参戦して欲しかった。

クンニが足らない。

乳首吸わない。

攻め側が脱がない。

ちょっと不満。

女優の演技も再現率も大変良い

クリムゾンの映像作品は初めてで、若干の不安はあった。

だが、神崎詩織の一見すると処女っぽい、うぶな顔と感じているときの表情が今回の作品に良く合っていたため、本当に満足した。

原作では一つ一つの章が連載作品であるために尺の都合であっけない感じがしたが、映像作品では愛撫から挿入シーンまで十分時間をかけていたため、あっけなさなどを感じることはなかった。

そのため、原作であまり満足しなかった人でも好評価をつけられるのではないかと思う。

また、クリムゾン特有の「心の声」もしっかり再現しており、超能力で口を封じられるが、「心の声」でその悔しさや動揺を表現できていることがさらにエロさを上げていた。

表情と相まってクリムゾン「らしさ」が十分表現できていたと思う。

欲を言えば高校生役の男優はもう少しカッコいい人を起用をしても良かったのではないかと思う。

「ヴァージンコントロール 高嶺の花を摘むように 神咲詩織」の本編動画はこちらから