【瞳リョウ】期待した解禁緊縛だったが・・残念な女優さん – 解禁緊縛 「私の妻を縛って下さい。」 瞳リョウ

解禁緊縛 「私の妻を縛って下さい。」 瞳リョウ

年の離れた夫と幸せな日々を過ごすリョウ。

しかしある日、夫がとあるサイトを見せてきた。

『縛華倶楽部』。

主催者の鮫島という男が依頼を受けた人妻を緊縛する倶楽部。

下半身が弱くなった夫はリョウが縛られる事に欲望を抱いていたのだ。

愛する夫の為に覚悟を決めたリョウは、夫の目の前で鮫島にその美しい肉体を縛られていく。

そして、縛られていくうちに、リョウもまた未知の快感を覚え次第に身も心も鮫島に奪われていき…。

「解禁緊縛 「私の妻を縛って下さい。」 瞳リョウ」の本編動画はこちらから

女優名: 瞳リョウ

スタイル最高

1回目:旦那の依頼で旦那の目の前で縛る。

上半身のみ。

ばいぶ、ふえら、胸射。

2回目:旦那の不在時に緊縛師が訪問し上半身+太腿縛り。

ばいぶ、ふえら、そして懇願しての挿入。

3回目:同じく旦那不在時に性奴●になる。

顔射。

おそうじ。

NTR演出度が低い。

3回目終わった後の映像がほしい。

服を着てるときは、ナイスバディだがブス。

脱いだら、むちゃくちゃきれいな体と、すごい美人。

「いくう~」がないのが残念。

この女優のほかの作品も見て見たくなる。

残念

大島がうるさい。

男が映りすぎ。

必要ないです。

何故女優以外がこんなに邪魔するのかわからない。

キー坊

緊縛シーンですが、もっとローターを生かして欲しかった、例えばローターを膣の中に挿入して指でかき混ぜてたり、立ちバックの場面が欲しかった、最初の緊縛シーンは不必要では?リョウさんの演技は良かったと思います!

期待した解禁緊縛だったが・・残念な女優さん

ルックスは最高級の女優さんだが、不感症?と思ってしまうほど情感が乏しい。

美乳、勃起する乳首、くびれたウエスト、そしてスタイル良し。

緊縛も映えているのに。

ただ、監督の演出にも責任がある。

音楽が流れるシーンが少なく映像に停滞感が漂っているし、男優(大島丈)とのやりとりもノリが悪い。

この女優さんの「レズ解禁!!」(2013年)もこの監督だった(評価は高くない)。

AVを選ぶ際は監督もチェックするべきだな、と思ってしまう。

熟女として脂がのってくる42歳。

これくらい美人で魅力的なカラダの持ち主もそうそういない。

惜しい・・。

女優として変わる方法のひとつとして、たとえば、ながえ作品で監督は佐野B作氏で撮ったらどうだろう。

是非勧めたい。

「解禁緊縛 「私の妻を縛って下さい。」 瞳リョウ」の本編動画はこちらから