【真咲南朋(楓モモ、安藤なつ妃), 川上ゆう(森野雫)】川上ゆうの演技はなかなか。 – 乱れてしまっていいですか… 淫夢に濡れる若妻

乱れてしまっていいですか… 淫夢に濡れる若妻

夫の浮気に気付いた妻・ゆうは、夫の身辺調査を実行。

夫はアブノーマルな性癖の持ち主だった。

動揺しながらも、愛する夫とのSEXを妄想し、股間に手を伸ばすゆう。

「私だって、したいんです。

気持ち良くなりたいんです…」

「乱れてしまっていいですか… 淫夢に濡れる若妻」の本編動画はこちらから

女優名: 真咲南朋(楓モモ、安藤なつ妃), 川上ゆう(森野雫)

淫夢

淫乱な真咲南朋と妻役で清楚な感じの川上ゆう!女優の演技も上手いし、ストーリーも良い!作品2人の嫉妬心をぶつけながらのHシーンはエロくて良い男を誘惑してる真咲南朋の表情!だんだん淫らになっていく川上ゆう!必見感情移入してしまう作品で、妄想力を引き出してくれる

川上ゆうに拍手

川上ゆうは陰のある不幸な女を演じるにはあのタレ目が絶品。

 彼女の見せ場はマスターベーションが一番似合う。

それも涙目で自慰は熱演。

見るべき場面はここだけでした。

ゆうさんエロかわいい奥さんです。

ゆうさん、いじられ役の若奥様がハマッています。

ただ自慰シーンより下着を剥ぎ取られるところからじっくりとスケベに責められているシーンを見てみたい。

もっとハードにやられる方がこの女優さんには合うような気がするのですが…

「川上ゆう」ならではの作品

こういう一人で淫らになっていく設定の川上ゆうは無敵。

顔を真っ赤にして本気で何度も感じているように見えるところもまたそそる。

男性の取り合いの設定も相手の女優との対比がキチント表現され、その設定がまた萌える。

よく考えられていると思える作品。

最後の濡れ場の設定はAVならではのご愛嬌だが、それを補って余りある川上ゆうさんの挑発ポーズ。

やられます。

二本分楽しめる

川上ゆうに関しては他の方のレビューのとうりなのだが、真咲南朋この女優さんもなかなか良い、体を鍛えているのか一切無駄なところが無いわりに、お尻はプックリ良い丸みもっている、バイブ入れられているところを下から写してもプックリお尻で穴が見えない、外人のようなお尻がエロいうえに腰のウネリが良いしセリフもただアーアー言っている女優とは違う、毛利秀虎監督の力量がうかがえる作品だ、この監督と真咲南朋の組み合わせの作品あるだろうか?

川上ゆうの演技はなかなか。

ドラマ仕立ては、女優さんの演技によるが、二人とも腰の振り方、男の受け入れ方もいやらしさが滲む。

変態のオーラをまとった二人の演技に見入ってしまった。

「乱れてしまっていいですか… 淫夢に濡れる若妻」の本編動画はこちらから