【杠えな】普通のAV – どM発掘。性器ピアスをつけた変態銀行員 えな(調教済) 杠えな

どM発掘。性器ピアスをつけた変態銀行員 えな(調教済) 杠えな

【閲覧注意】「杠えな」さん。

モノ扱いされる事に興奮する雌玩具です。

性器にはピアスが刺さってます。

苦しければ苦しいほど感じる変態性癖です。

乳首を摘みあげると非常に喜びます。

ビンタされるのが好きです。

子宮奥にバイブを叩きつけます。

最後に感謝は忘れません。

ありがとうございました。

「どM発掘。性器ピアスをつけた変態銀行員 えな(調教済) 杠えな」の本編動画はこちらから

女優名: 杠えな

良いですね2

ますます彼女の魅力にはまりそうな(^-^;)こんな彼女が居たら良いなーーと。

他の作品も購入予定です。

特になし

設定がまるわかりなので正直興奮しないし、プレイも至って普通そのもの。

どうでも良いシーンが多すぎる

杠えなちゃんの大ファンなのと、サンプル動画がないので、どんなかなと楽しみにしてダウンロードしましたが、こんなのを買うくらいなら他の作品にした方が良いです。

えなちゃんの良さを引き出せてない上に単調なシーンが続きどこで抜いたら良いのか分かりません。

女の子、Mっぽくいいけど

男優がいまいち、この男優の言葉責めがサメてしまうのが残念、。

せっかくいいMっ子ちゃんなのにね。

これではMになりきれないよ。

次回、ぜひこの子のMを引き出した作品をぜひ作ってほしいですね。

真正ドM

このえなという娘は本当に真正マゾというのがわかる。

モノ扱いされたい願望が強い。

終始半泣き的な感じはいまいちだがドM感は満点。

ビンタや乳首つねりで目がとろんと感じてるのがわかる。

デブの腹肉の下でいかにも臭そうな股間に顔を押し付けられるでぶイラマは顔がわからないくらいに埋もれてGOOD!顔の上に足を乗せて足指を舐めさせたり、四つん這いにひれ伏して足の先から股間に舌奉仕させ、玉金も丁寧にしゃぶり、デブの太ももに顔を挟まれての強烈イラマ、など随所にモノ扱い、奴●扱いする場面があり最高に良い。

男のパンツを投げて、犬のように四つ足で臭いパンツをくわえて持ってこさせる遊びもドM女に屈辱を与える犬調教として最高の遊び。

最後2人の男との3Pはたいしたことないが、一人がバックでハメては投げ、自分からバックでちんこに刺さりにきて、またハメてやっては投げ、の繰り返しはモノ扱いでこれまたGOOD!雑誌コメントにもあるが、女の精神的なドMレベルはかなり高いが、男優陣がそのレベルについていけてない。

やさしい笑いを入れながらとか、何をされたいと優しく聞きながらとか、冒頭のインタビューでモノ扱いされると興奮すると女が言っているのに、ちょくちょく優しい扱いがあって男優はいまいち。

女のまんこピアスにたじろいだ感じもある。

モノ扱いされたいという精神的ドM女を正確にイジメられるドS男優がほしいところ。

がに股腋見せポーズでピアスにおもりを吊るして腰振りダンスショーをさせるとか、口に足を突っ込んで、随所に顔や頭を踏んで、人間家具、小便の便器扱いとかもっと酷い扱いをしてほしい。

ただ、イラマや足指舐め、犬扱いと健闘して頑張ってはいて最低限の虐めはクリアしているし、なによりこのドM女優の真正マゾを評価して星5つ。

ぜひこのモノ扱いされたいという真正ドM女優えなを使って、ちゃんと女優の素質を活かした虐め作品をたくさん作ってほしい。

心配になってきた

彼女の作品は最初は興奮して観たがここまで来ると興奮より心配になってきたどういう家庭環境だったのだろうか、何故このような真正マゾになったのだろうか?彼女の幸せを祈る。

SMプレイが好きな方にはおすすめです

彼氏と付き合ったのが10か月が最高と言うM女の調教プレイ動画作品普通はストーリーを紹介するのですがプレイが多くて書ききれないのとダラダラとなりそうなので簡単にプレイ内容だけインタビューをしながら乳を出し弄る所からはじまり出電マバイブ責め フェラチオ、イマラチオは普通にあり顔を叩かれたりとプレイが続きます  赤い縄で縛って3P挿入プラスフェラチオ スケスケに着替えて3P凌● 挿入とバラエティーに溢れるが中出しは無く少し残念な点もあります杠えな嬢がSMプレイを普通にこなします ちっぱい、パイパンと幼い感じ 銀行員と言う設定で自らMと自負するので期待が高まります アソコにピアスとあるのですがモザイクで確認出来ません 最後でいいから中出しが欲しかったです

普通のAV

ビンタを期待して観たが期待ハズレ。

普通のAVでした。

予約までして待っていたのに残念。

「どM発掘。性器ピアスをつけた変態銀行員 えな(調教済) 杠えな」の本編動画はこちらから

In category: FANZAのエロ動画レビュー
Tagged with: