【川上ゆう(森野雫)】確かに「犯●れて … 」では、ないな – 義父に犯●れて… 美嫁いぢり 川上ゆう

義父に犯●れて… 美嫁いぢり 川上ゆう

苦痛以外の何者でも無い夜の夫婦生活、そして夫・吉宏の浮気…いたいけで純粋な妻・ゆうは、それらが自分のせいだと思い込み落ち込んでいた。

そんなゆうを励ますふりをして近づく義理の父親・淳二。

「夜の生活がうまくいっていないから夫婦仲が悪いんだ」と言ってセックスの手ほどきを始める淳二。

ウブなゆうは、イケないことだと知りながらも身を委ねてしまい…。

★アダルトブック「川上ゆう写真集」の商品ご購入はこちらから★

「義父に犯●れて… 美嫁いぢり 川上ゆう」の本編動画はこちらから

女優名: 川上ゆう(森野雫)

ヒビやんに悪役は似合わない

私、このシリーズも川上ゆうさんも大好きなんですが、悪い義父にヒビやんは似合わない、感情移入できないというか。

作品の出来がいいだけに惜しい。

竹内監督、どうかご配慮を。

このこの作品では、ゆうちゃんが生かしきれてない!!であります

元森野雫ちゃんですね。

綺麗な体と可愛い感じは相変わらず良かったです。

でもケロロ的には、エッチ自体が落ち着いたなと感じました。

この作品では、義父にとことん犯●れまくるというストーリーですが、エッチ自体は存分に堪能できます。

ケロロ的には、ストーリーがほとんど無く犯●れてばかりなので、ちょっと退屈なシーンのようにも感じました。

ケロロ的には、雫ちゃんの頃のほうが好きかな。

タイトルと合ってません

ゆうさんの単体作品は初購入でしたが、どうやらセレクトミスしてしまったみたいです。

ゆうさんの印象としては「M系でソコソコ演技が出来る」という責められキャラでしたし、確かにそれらが似合う女優さんだと思います。

しかし今作の場合「犯●れ」という感じは無く、逆に「背徳感のある義父との関係」という風にしか映らないですね。

「義父に犯●れて」とタイトルを付けるのなら、せめて最初くらいは必死の抵抗があってしかるべきでしょう?製作者は何を考えているのでしょうね…。

せっかくゆうさんという最高の素材を起用してこんな作品を作るなんて…。

言い換えれば「100g1万円もする肉を使って焦がしたステーキを作る」様なものです。

ゆうさん自体は何ら悪いところは有りません。

評価は非常に悪いにしたかったのですが、ゆうさんのがんばりに普通の評価にさせて貰いました。

ぬるいな

よりによって川上ゆうでこんなぬるい作品を作るとは。

夫と上手くいってない妻に義父がSEXの手ほどきを持ちかけると、あっという間にこれをOKして、あとは和姦。

義父との不倫でしかなくて犯●れているといえるのは押し倒された最初の1回くらい。

こんなものをファンが期待してるとでも思ってるんだろうか。

極上のマゾ演技が出来る女優を無駄遣いした感じ。

犯●れ感はないけれど

嫁(川上ゆう)が性的魅力をアップしていゆく過程があり、義父を好きになった後の最後のカラミは情熱的でかなりヌケルと思います。

犯●れ感はないけれど、背徳感がありエロいです。

義父に犯●れて 美嫁いぢり川上ゆう

わたしは、大変良かったです。

最初は、いやいやから慣らされていくうち、義父に行かれた行く プロセスがよかった。

最後も、二人の気持ちが一つになった絡みは充分興奮しました

確かに「犯●れて … 」では、ないな

3000Kbps動画、画質、まあまあ。

モザ、反動化のあおりで、大きめ。

夫役の男優、役柄だからしょうがないのかも知れないけど、tension、低いです。

それに比べて、ヒビヤンのtensionの高さ、さすがです。

ゆう作品にしては、ぬるいんだろうけど、ゆう、の美しい喘ぎ顔を本作でも堪能できたので、OK。

1点オマケの「5」です。

「義父に犯●れて… 美嫁いぢり 川上ゆう」の本編動画はこちらから