【宝生リリー】ストーリー的には好みだと思ったんだけれど、、、 – 愛する夫の目の前で孕ませ追撃ピストンに子宮堕ちした巨乳妻 宝生リリー

愛する夫の目の前で孕ませ追撃ピストンに子宮堕ちした巨乳妻 宝生リリー

主人が脱サラして一年。

夫婦の時間を大切にしたいと在宅ワークを始めたのですが、軌道に乗っていないようで、投資を始めると聞き不安だったのですが…お金を借りたのは主人の学生時代の友人でイイ人ではなさそう。

コソコソと書いていた借用書の中には、返済できなかったら、私の身体を自由にしていいという追加された一文が!!!目の前に旦那がいるのにイッてもイッても止まることのない追撃ピストンを受けイキ堕ちていく妻!!

「愛する夫の目の前で孕ませ追撃ピストンに子宮堕ちした巨乳妻 宝生リリー」の本編動画はこちらから

女優名: 宝生リリー

辱め作品、最高傑作

旦那の為に、我慢する演技をさせたら、No.1女優ですね。

耐えて、気持ちで屈しないが体は負けてしまう、言葉では屈しない発言をする。

この内容が好みの人は、ハマるでしょう!表情の切なさは必見です。

これは、シリーズ化して欲しいです。

最後のシーンは圧巻

ほんとかわいい宝生リリーちゃんの良さを存分に引き出した作品最後のシーンのいきっぷりはなかなかのもの まじ圧巻

初見女優

いい女優ですね。

角度によってはイマイチな可愛くない時があります。

ストーリー的には、良いと思います。

問題なく抜けます。

犯●れても気持ちいい

ダメ夫のせいで、身体を弄ばれることになり犯●れてイッてしまうのは、あり得ないとわかっていても好きですね。

おっぱいが綺麗!

仕方なく犯●れ耐えるが、そして我慢できずに、よがり悶える姿はたまりません、イッてもイッても、やまない追撃ピストンと、どのシーンも興奮しました、宝生リリー(しずく時代から)、彼女のおっぱいめっちゃ好き!

高評価できない、理由の数々。

朝日奈るみな時代の「人妻性奴●」が初見でした。

その以前は、悪名高きプレステージで芽森しずくさん。

朝日奈名義でイメージVも1本リリース後、消息が途絶えたので、「引退?」と思ってました。

宝生リリーさんと改名されていたのですね。

発見して思わず小躍り。

また、あの美豊乳に出会えると・・・。

で、期待に胸ふくらませて今作を視聴。

サンプル動画で感じた一抹の不安もなんのその、のはずでしたが。

その不安は視聴を進めるにつれ膨張。

「夫の目の前で」とあれば、アタッカーズ。

あちらは最後の絡みだけ「目の前」ですが、今作はほぼずっと「目の前」。

となると当然、カメラは旦那をフレームインさせます。

ほぼずっと。

妻と悪役たちとの絡みの最中にも、旦那がそのやりとりに加わり、目障りこの上なし。

おそらく、旦那役の「俳優」&その事務所への配慮。

一般作品の「俳優」として世に出たい、出したい。

いつも出演に協力してもらっているお礼がしたい。

俳優サイドと制作サイドの利害の一致。

それが、「俳優」のこれ程の出演場面の多さの理由なのでしょう。

(大家さん役の俳優出演も同様)フツーに宝生さんの裸体中心にカメラ回してくれればいいものを。

(最初と最後の絡みのアングル悪化のもうひとつの理由は後述)他のレビュアーさんのご指摘ある、出演男優の件。

使えない組み合わせの男優をよくもブッキングしたものです。

台詞棒読み、愛撫は玩具頼み、肉棒ヌキサシ専用のゴツイ男優と、ガキ役か悪役という意味不明の二択でしかオファー来ない男優。

(頬の弛みと腹のメタボぶりからもうガキ役オファーは無いね)お蔭で悪役感薄で、逆に「宝生さん、なんでそんなに怯えてるの?」って思えます。

悪役持参のハンディカメラの存在。

アングル悪化の最大の原因。

ハンディは素人感バリバリで、宝生さんのお顔だけを映しているだけ。

ここでメインカメラマンは、「もう1台『カメラ』がある、楽できる」とばかりに、ほぼ一方向からの撮影。

全部固定カメラ状態で宝生さんの美裸体を舐めるように追う画は一切撮れず、編集担当の方、ご苦労様でした(監督兼任なら自業自得か)。

ドラマ・絡みの全シーンで素晴らしい演技と美しいカラダを披露してくれた、宝生さんに敬意を表しての☆3つ。

彼女が主演じゃなかったらグダグダでした。

旦那の友人なのが良い。

旦那の目の前NTRの良作。

この手のNTR作品の場合、やはり、見ず知らずの男達に貞操を奪われるより、身近な顔見知りに中出しまでされてしまう方が、背徳感倍増です。

すごい良作

夫が借金を返せなかった為、妻の体を自由にして良いことに。

はじめは「気持ちよくなんかない」と言っている。

ラストの絡みで、夫が「もう我慢しなくていい。

イっていい」と言うと「もう遅いよバカ・・・イってるよ・・・」。

そして気持ちいいと言い、おちんぽ欲しいを連呼し、中に出してくださいと言い、イキまくる。

喘ぎまくる。

この流れすごくいい。

女優も綺麗で美乳でスタイルも良く痩せていて個人的に好みの体型なので満足。

最近多いですね

最近やたらと増えてる追撃ピストンと名乗る作品まぁ内容的な女優さんがキレイだし悪くはないけど、そそられるモノでもないだいたい追撃ピストンならマン汁攪拌してグチャグチャになると思うんやけど・・・

総合的には

男優がちょっと良くないなぁ。

ただ宝生リリーさんの良いので星5かなぁ。

序盤の宝生リリーさんのイヤイヤした表情と終盤の感じてる表情が好きですな。

確かにいいカラダ

宝生リリー嬢、初見だが確かに良いカラダしてるな。

改名再デビューなのかな。

この作品、男優が名前も知らない二流の奴らばかりなのがダメ。

もっとねっとりしたプレイを観てみたいね。

くびれたウエストにまん丸おっぱいが勿体無い。

女優は☆5個あげてもいいが、ストーリーと男優がダメなので、この評価です。

最高!

オチが分からないけどお芝居は最高!結局どうもっていきたかったのか分からんが、そこをうまく女優さんがフォローしているようにみえる。

作品としては★一つ

女優さん男優さんの演技は良いです。

タイトルもいいです。

しかし内容はどうなんだろう?結末もな・・・中途半端な作品で、買って後悔の作品でした。

ストーリー的には好みだと思ったんだけれど、、、

こういう寝取られでよくあるのですが、何で嫁さんは最初にパンチラするんでしょうか?清楚な妻が、、、というのが興奮ポイントなんだから、最初に登場するときは、清楚な恰好をしてもらいたいものです。

ガラの悪い男が家に来るっていうのに、こんな露出度の高い服着ますか?悪役の男優さんも、女優さんの嫌がる演技も、何だか中途半端で、萎えちゃう。

凌●感を出すなら、1回目に一人が終わった後、もう一人に「お前もやっていいよ。

」とか言って、舎弟も「あざっす」といきなりぶち込んで欲しかった。

最後に複数プレイがあるけれど、もう寝取られ感も薄い、、、

「愛する夫の目の前で孕ませ追撃ピストンに子宮堕ちした巨乳妻 宝生リリー」の本編動画はこちらから