【大橋ひとみ】苦しそう、どうしたの? なんて言われたら – お母さんが初めての女になってあげる 41歳 大橋ひとみ

お母さんが初めての女になってあげる 41歳 大橋ひとみ

彼女ができないことに悩む思春期の息子。

その原因が父親似の外見だと考えている息子に同情がなかったとは言い切れません。

でも、少しでも自信を持ってほしくて…自慰の手伝いをしてしまいました。

しかし、一度女の片鱗を味わってしまった息子は、更に私に女を求めてきます。

自分から言い出した手前、もう拒むことはできません。

本当に私で良いのなら…お母さんが初めての女になってあげる。

デジモで収録。

「お母さんが初めての女になってあげる 41歳 大橋ひとみ」の本編動画はこちらから

女優名: 大橋ひとみ

相姦物のポイントは押さえている

相姦物のポイントは、背徳感、溺愛のなれの果て、息子の過剰な性的欲求といったところでしょうか。

上手く使うと、背徳感の溢れた良い作品になるのでしょうが、母と子の設定だけで意味無く和姦するだけの駄作が目に付くことが多いこの頃です。

この作品は、性的な苛立ちを持つ息子とそれを受け止めかねて戸惑う母親といった状況が丁寧に描かれた佳作です。

もっと母親に拒否感を持たせた方が、物語が厚くなって良かったようには思います。

また、夫と遠ざかり息子の持ち物の虜になって狂う母親も良いのでは・・・。

息子に手ほどきするつもりが自らイカされ

失恋した息子「ケン」(田村歩)に「こんな顔じゃいつまで経っても彼女なんかできないよ」と訴えられた「ひとみ」(大橋ひとみ)。

AVを観てセンズリするケンが不憫になり、ソファで手コキで射精。

洗面所で手コキし、陰茎や睾丸をしゃぶり、口内射精。

ソファで「1回だけでいいから、Hしてくれないかな」と拝まれ、頭を抱き、舌を絡める。

乳吸い、クンニ、指マンを指南し、即尺、69。

騎乗位で筆下ろしし、後背位、正常位で顔射。

浴室で洗体。

パイズリし、陰茎や睾丸をしゃぶり、口内射精。

父母の馴れ初めを聞いて嫉妬したケンは、寝静まった父親の傍らで、ひとみの乳を揉み、手コキ、パイズリさせる。

目覚めて抗うひとみだが、イラマで口内射精。

和室でケンに抱きつかれる。

抗うが、「父さんとしてないんでしょ」「僕がしてあげるから」と乳を揉まれ、キス。

乳吸い、尻揉み、クンニ、指マンされ、即尺。

立ちバック、後座位、正常位で中出し。

40代には見えないエロさ

大橋ひとみさん、いい女優さんですね。

豊満な乳房にちょこんとのった勃起乳首。

いつ見ても丁寧なフェラがいいですね。

バックから突かれ垂れ下がった乳房の揺れるシーンは必見。

下着姿がエロィのですが、パンツにはもっとエロさを増して欲しいです。

苦しそう、どうしたの? なんて言われたら

「うつくしい叔母さん」とか「僕だけの巨乳母さん」とかのパケ写の可愛らしい顔とアンバランスな巨乳に惹かれていました。

こんな熟女、いいですね。

この作品は、きちんと日常風景から描写されていて、(ABCの特色ですか?)2時間ゆっくり楽しめました。

ぼくもケンちゃん、になりたい(笑)です。

見ていて恥ずかしくなく演技されていて、良かったと思います。

三浦さんも良かったけど、続編にも期待ですか?

「お母さんが初めての女になってあげる 41歳 大橋ひとみ」の本編動画はこちらから