【夢乃あいか】おっぱいは最高級 – 完全緊縛されて無理やり犯●れた巨乳女子大生 夢乃あいか

完全緊縛されて無理やり犯●れた巨乳女子大生 夢乃あいか

あいかの父耕作は著名な文学作家であったが放蕩の末に才能が枯渇してしまう。

娘の文学的才能を知った父はあいかをゴーストライターに使い作家活動を再開、そして文学賞を取るまでに。

しかし出版社の編集長は昔の耕作を知るが故に疑念を持つ。

事実を知った男はそれをネタにあいかへの脅迫を始めて…。

「お父さん…見ないでぇ」若い肉体を辱める麻縄調教。

カラダに食い込む縄に狂い、恥辱の牝奴●へと堕ちてゆくお嬢様。

「完全緊縛されて無理やり犯●れた巨乳女子大生 夢乃あいか」の本編動画はこちらから

女優名: 夢乃あいか

すばらしい

夢乃あいかさん・・すばらしい!ストーリー立ても良く、彼女のふっくらしたきれいなからだ、白い肌・・それと(当たり前だが)巨乳・・が強調されたつくりになっている・・見ていて飽きるところが無い・・どこでも抜ける・・いいね!ただ・・巨乳と言いながら、最初の方は着衣(または下着)が残り、巨乳が丸出し?になるのは後半1時間くらい・・もったいない。

緊縛が似合う女No.1

かわいいベビーフェイス!美巨乳!ミニマムボディ!色白な柔肌!夢乃あいかさんの良さを最高にいかせるのは緊縛モノでは無いかと思ってしまう良品!残念な点は他の方も投稿されていますが、パケの緊縛が本編ではない事!本編で見たかった全裸での後手縛りがパケのみなので星は4つS1さんの方針なのか夢乃あいかさんが望むプレイではないのかは解りませんが、これほど緊縛映えする女はいないので、夢乃あいかさんの緊縛モノをまたみたいです

内容は、悦痴雨読さんの丁寧なレビュー 通り

夢乃あいか、ウィキペディアでは、148.5cm、3sizeは「79-52-78」となっているけど、BUSTは到底、78cmとは思えない巨乳。

なんか陵●感があまり感じられなくてイマイチだったけど、美巨乳には感心。

微妙かな~?

今までの作品の中で、強引さが・・。

それが好きな人には良いかも?この女優さんは時折見せる笑顔がとても良いのでこの作品では一切ありません。

参考までに・・・。

縛られて強調されたおっぱい

夢乃あいか作品で一番です白い肌、綺麗な髪最高です。

デビュー時よりもやや肉がついて色っぽくなった縛られて強調されたおっぱいが美しい激しくされて顔も肌も赤くなってます

求めてるものじゃなかった

ドラマとかいらない。

もっとギッチギチに縛り上げてあいかちゃんの豊満な胸が強調されたカラダを綺麗に撮影するような緊縛作品が見たい

惜しいんだよなあ…

緊縛ものって好きじゃなかった。

でも、一回目のカラミでは手の自由を奪ってオッパイを強調するぐらいの軽い縛りでよかった。

手が使えないから陵●感は出るし、巨乳がさらに大きく見えてエロいしすごくよかった。

女優は相変わらず気持ちよくなってくると顔も体も赤くなっていくし、感じてるときの表情も最高だった。

この作品で一番よかったのは一回目のカラミ。

特に、マンコの舐め方がものすごくよかった。

よかったと思った点は下の3つ。

1.舐めてるときの音がピチャピチャと濡れた音だった。

(無理矢理音を出そうとして乾いた音を出したりしなかった)2.激しく頭を動かしたりせず、ゆっくりねっとり舐めて徐々に堕とそうとしていてものすごくいやらしかった。

2.女優の顔と、舐められている部分が全部見えるように、できるだけ近づいて撮影していた。

近づいて撮影すると、表情か舐められている部分かどちらかが見えない状態の撮影になるんだけど、ちゃんと両方ともしっかり映っていた。

しかも近づいてるから迫力も興奮度もムチャ高い。

感じた表情を撮っても、マンコを舐められているのが見えなきゃ興奮できないこと、マンコを舐めてるところを撮っても、感じた表情が見えなきゃ興奮できないことをよく知っていると思った。

ただ、舐める時間が短かった。

もっと舐めてほしかった。

夢乃あいかの作品の「解禁真正生中出し」の中で、吉村とからんだときのマンコの舐め方がすごくよかった。

一つの体勢で一通り舐めたあと、あの舐め方でさらに舐めてほしかった。

アダルト作品に対して、挿入シーンでは体位を変えまくってるのに、何でマンコを舐める体勢は変えないのか、変えれば変化があってユーザーも飽きないし、マンコを舐めるシーンを長く撮ったいい作品ができるのに、とずっと思っている。

あと、無理矢理犯●れているので、女優がもう少し抵抗して暴れた方がよかった。

夢乃あいかがお気に入りなので、夢乃あいかが一回のカラミの中で、手の自由を奪われて、いろんな体勢でマンコを舐められるようなレ●プ作品を作ってほしいと思った。

あいかさん好演

あいかさんを銀次・ちんたろうがいたぶるって作品ストーリーはめちゃくちゃだけど,しっかり作ろうという気持ちは伝わってくる。

あいかさんも好演です。

ぽっちゃりの体に縄が映えます。

プロローグは無視するとして,5景で構成。

1.着衣緊縛SEX:あいか×銀次。

なぜかパンストを破る。

2.電マ責め緊縛SEX:あいか×ちんたろう。

せっかくの導入がもったいないような。

3.乳首クリップ玩具攻め:あいか×ちんたろう。

ギロチンは良い姿なのだが,手首を固定していないのであいかさんが手が抜けないように頑張っているって感じがしてしょうがない。

ちょっともったいないけど,薬に反応する姿は奥ゆかしくていいなぁ。

4.スパンキングイラマ:あいか×ちんたろう。

ちょっとぬるい。

5.凌●3P性交:あいか×ちんたろう他1名。

あいかさんはなかなかの芸達者ということでしょうか。

痛い系のないソフトSMってところかな。

ソフトで単調

女優さんに遠慮しているのか責めがソフトすぎてちょっとカッカリです。

これでもかというくらい執拗に責める感じが希薄です。

女優さんの反応もずっとおなじテンションでもう少し変化がほしかったです。

最高のストーリー展開だが、その後に娘がどうなったか不明なのが不満

先月、夢乃あいかさんの旧作「連続セックス性活」が気に入ってコメント投稿させて頂きましたが、その2か月前の出演作「完全緊縛されて無理やり犯●れた巨乳女子大生」はもっと素晴らしかったので投稿したくなりました。

本作は星5つの評価では足りません。

これまで星5つ付けたどの作品より凄いです。

【登場人物評】(1)夢乃あいか(娘)大学生。

優しい父親に戻って欲しい一心で父親のゴーストライターとして被虐性愛小説を書いている。

SMの実体験はないのに想像でリアルな文章表現ができたようだ。

佐川と桜井に秘密を握られて、仕方なく緊縛されてセックス調教を受けてしまう。

(2)夢乃耕作(父)一時期は有名作家だったが10年前に妻を亡くしてから生活が荒んで書けなくなった。

最近、娘の文才に気付いてから自分の代わりに原稿を書かせていて、それが文学賞を受賞したら自分の手柄として有頂天になっている。

小説のねた作りのため、娘の体を麻縄で緊縛してまで書かせようとする酷い父親。

(3)蒼井夢乃家の書生。

小説家見習いの若者。

しかし、財政難の夢乃家に書生を置く余裕なんかあったのかな?蒼井は、軽薄な書生の役に下手くそな演技がはまっていた。

先生の娘への恋心から先生の非道な娘への仕打ちを盗撮して、軽率にも最悪の相手に売ってしまった。

最後は卑怯にも佐川一味と一緒に娘を犯した。

(4)佐川(出版社の編集長)無礼で傲慢な中年男だが、小説家の目利きは出来るようだ。

10年前に才能が枯渇した夢乃耕作を見放したのに、耕作が文学賞を受賞すると急に執筆依頼に来る恥知らず。

緊縛・調教が特技。

(5)桜井(佐川の手下)佐川の下で汚れ仕事を一手に引き受けている感じだ。

彼も原稿の目利きはできるようだ。

彼も佐川同様に緊縛・調教ができる。

【あらすじ】あいかは、最初は佐川に、その後は桜井によって緊縛拘束され、散々勝手なことをされて無理やり性の快楽を覚えさせられる。

あいかは調教される境遇を口惜しく思いながら、深い快楽地獄に落とされる。

あいかの緊縛された肉体は妖艶で美しく、快楽に泣いた顔までも美しい。

果たして今日の実体験が逆効果とならずに執筆活動に活かされるかという疑問を残したまま物語りは終る。

【その他】本作は2016年のモザイク品質がまだ良かった頃の制作なので、ペニスにコンドームを着けていることが見分けられるくらい局部が見やすい。

ムチムチBODYが縄で。。。

清潔感のある色白のきれいなカラダで丸顔でかわいい「夢乃あいか」やわらかそうで形の良い美巨乳。

美しいおっぱい普通っぽいかわいらしさと色気のあるBODYが魅力の女優父親のゴーストライターで、縛られながら男達に。

ストーリーはGOOD縄でムチムチBODYが縛られている姿は必見縛られた体で男達に犯●れるシチュエーションがもうひと工夫欲しかった

おっぱいは最高級

縛られたおっぱいは見事。

これ以上ないキレイな形になっていて、とても興奮する。

後、責められた時の声、反応も過剰でなくとても良い。

頬を赤める感じはとても自然な反応のようで興奮をあおる。

強いて言えば、もう少ししっかりと縛ったりあとはパケ写のような開脚縛りのシーンが欲しかった。

「完全緊縛されて無理やり犯●れた巨乳女子大生 夢乃あいか」の本編動画はこちらから