【喜多沢くるす】SよりMでしょ – 小悪魔お嬢さま 喜多沢くるす

小悪魔お嬢さま 喜多沢くるす

某お嬢さま女子校出身のくるすが、当時から「チョット興味があった」という、ワガママな妄想を爆発させてエロカワ痴女へと変貌。

挑発的な視線と一見クールな態度がグッとそそる《イイオンナ感》を醸し出す。

ヨダレが垂れそうな唇で「オウチだと叱られるから、学校でシテあげる♪」とばかりにブルマ姿で…セーラー服で…スク水で…etc.痴女校生ご令嬢が迫りくる、禁断の妄想学園、全5編。

「小悪魔お嬢さま 喜多沢くるす」の本編動画はこちらから

女優名: 喜多沢くるす

おっと、そうきたか

ノーブラに着た体操着のシーン。

前かがみになると胸のところが逆三角形になるわけさ。

着エロを見てる感じで、ほ~そうきたかと。

ジャケットでスタイルは確認していたので、そんなオマケ的な見方が出来、ちょいと楽しめた。

全体的に女の子が男をじらす形になっているので、普段AVで見る男優が仰向けになった女性の胸を弄ぶシーンが少ない印象があるので、野生的でがっつくSEXを見るタイプじゃない。

俺は野生派だと言う人は他の作品も参考に。

女優さんのスタイル・胸質を堪能するシーンは損なわず、がっつかずと言う感じでした。

最後に制服女子高生&先生の設定シーンでは唯一、仰向けにした女優さんの胸を弄び多少がっついてる。

このシーンで残念なのが制服を脱ぎブラを外すシーン。

もったいないな。

シチュエーションのこだわりに欠ける。

とにかく可愛い

まぁSがいいとかMがいいとか色々言われる作品ですが、よくある学園物にこの可愛い彼女が出てると思って見れば良い作品です。

他の方が言うように、内容にこだわるならどうかとも思うがこの可愛い子の制服等のコスだけでも十分だと思いました。

未だ小悪魔(S)は早過ぎた!

最後のシーンで、先生を誘って、自分から舌を絡ませながら接吻し、カラミになだれ込み、騎乗位で夢中に腰振りながら、美乳をプリンプリン揺らす姿は良かったし、自らバイブを当てながら顔にかけてとお願いして、口を開けたままの顔射も良かった◎でも、この娘に、小悪魔(S)は未だ早かったと思う。

セリフも未だ棒読みだし、唾飛ばしも似合ってなかったし、何よりも、1回もアクメに達してないのが致命的でした★ 現状の彼女は、(S)ではなく、(M)でこそ良さが引き出せると思う★前作「破廉恥な絶頂」で何回もアクメに達する姿が鮮烈だったので、自作「巨乳ペット」はリベンジ果たすような作品であって欲しい♪

SよりMでしょ

彼女が痴女役に徹した作品。

待望のコスプレ物。

個人的には最初の体操着のルーズソックスがイマイチでしたが(美脚が堪能できないため)コスプレ物としては、まずまず楽しめる出来映えです。

また、あの顔立ちからセーラーブーツで責めるシーンは、意地悪そうな顔に撮れていてこれはこれで決まっていました。

ただ、絡みになると違和感が。

イカせるつもりがしっかりイカされており、やはり彼女はM役の方が適役なのだと思いました。

「小悪魔お嬢さま 喜多沢くるす」の本編動画はこちらから