【吉沢明歩】確かに3Dに見えましたが… – 3D EVOLUTION 進化した立体映像で魅せる新次元セックス 吉沢明歩

3D EVOLUTION 進化した立体映像で魅せる新次元セックス 吉沢明歩

ハリウッド映画「ア○ター」で採用された世界で数台の最新鋭3Dカメラを使用した世界初の超本格3D!!まるでその場にいるような大迫力の臨場感と圧倒的なクリア画質で魅せる脅威の立体映像!!吉沢明歩が3Dセックスの映像革命を起こす!!はっきり言って、エスワンの3Dは他の3D映像と格が違います!!

FANZA VR動画プレイヤーには対応していません
2D版と3D版(アナグリフ方式)を収録しております。

アナグリフ方式をご覧になる際は、赤青メガネをご用意してお楽しみください。

※本作品は動画配信ではサイドバイサイド方式に対応しておりません。

赤青メガネの購入はこちら

「3D EVOLUTION 進化した立体映像で魅せる新次元セックス 吉沢明歩」の本編動画はこちらから

女優名: 吉沢明歩

アナグリフで

他のメーカーのDVDが酷すぎて試しにDWしてみたしゃぼん玉、足が立体的に観れたな。

ピントが合わない場面(顔)もあったけどまあいいかぁ映像精度は素晴らしいと思います

つまらない

3Dとしての映像は良くても、内容が全編カラミのみでつまらない。

せっかくの、3Dだからもっと色々な映像を楽しみたかったなぜ、初めから終わりまでカラミをする必要があるのか疑問私が見た中では、朝倉憂の3Dが色々なシーンを入れていて楽しめました。

もう、ただ、3Dで撮れば良いというものでは無いと思います。

映像きれい、最新鋭3Dカメラに偽りなし。

MAXING3Dとは雲泥の差。

映像も通常の2Dカメラと遜色なく非常にきれいに撮れています。

作品構成もイメージ・シーンや主観的な導入で各シーンをスタートさせ、吉沢明歩独特のほんわかした癒し感を作品全体に醸し出すことに成功しています。

内容的には、3Dということもあり前半は特に前と後ろからの映像を多用したり、カメラに向かっての潮吹きを入れるなど、立体感を強調しようとする演出の跡が見られます。

後半になると普通のカラミが展開され、全体としてはスムーズで違和感なく彼女の艶技を堪能できます。

吉沢明歩の長所の活かし方、企画力という点では、マキシングに一日の長を感じますが、今回の3Dに関して言えば映像も内容もS1の方が良かったです。

ただ作品的には3Dに対応した映像作りを模索している感じであり、現状では3Dより美しい映像で彼女の長所である癒し感たっぷりな作品づくりを希望します。

確かに3Dに見えましたが…

エスワンの撮影技術、DVD加工技術には、確かに一日の長があり、男女の身体の遠近感は伝わりますし、シャボン玉や紙飛行機がこちらに迫って来るような錯覚も覚えました。

ただ、3Dだからこそなのかもしれませんが、あっきーの体、特に足が極度にやせ細って、あたかもアウシュビッツの囚人のような、骨と皮だけの無惨な姿に見えたことが、哀しかった点です。

3Dにすると、縮尺も変わるということなのでしょうか?また、内容的にも、ストーリー性がなく、ただ各78分の尺を埋めるために、5シーンをしつらえられ、演技させられた感があるのも残念です。

いつも思うことですが、エスワンには女優の個性や美をどれほど大事に育てようとしているのか、伝わって来ないのが無念でなりません。

「3D EVOLUTION 進化した立体映像で魅せる新次元セックス 吉沢明歩」の本編動画はこちらから